シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WAX切削した理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

今日は ローランドJEWELAで切削しました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-24-12-33-27

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-24-12-33-32

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-24-15-12-49

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-24-15-14-41

WAX切削した理由。

1・ 見積もりOKきたら すぐに加工に取り掛かれるように空き時間に準備した。

2・ 今回 地金は K18WG(ホワイトゴールド)なのでレジンのダイレクトキャスト(鋳造) は向かない。

シルバーや 通常のK18なら B9Creatorのエメラルドレジンでダイレクトキャスト(鋳造) をします。

ジュエリーの場合 キャスト(鋳造) という工程がありますので 最終地金に合わせて出力を考えないといけませんね。

レジンからゴム型を取ってからキャスト(鋳造) ならば 地金はなんでもOKになります。

また 仕上げの程度により パーツ分けで地金になってからローづけなんてこともあります。

単に 3Dでデザインすれば良いというものではないんです。

ただし 簡単にデザインしてOKなものもあります。

それは用途を限定するのです。

デジタルジュエリー®デザイナーコースでは初心者も簡単にデビューする方法も合わせてお教えしています。

デジタルジュエリー®スクール

大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。