シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインや形状さらにご予算に応じて 出力装置を使い分けています。 デジタルジュエリー®ジュエリー製作

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

今日もWAX切削でジュエリー製作

僕は デザインや形状さらにご予算に応じて 出力装置を使い分けています。

この↓写真の様に 凹んだ部分があるものは 基本 ローランドJEWELAでWAX切削

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-21-45-16

3Dプリンターではどうしても積層が残りますので WAX切削ほど肌はきれいでない。

でも ローランドJEWELAは サイドに穴などの空間や模様があるものや裏抜きが出来ない。

みんな一長一短です。

3Dプリンターは最終的にジュエリーにする為の手段であり 3Dプリンターを使うことが目的でない。

また厳密に言うと 使う3Dプリンターによって 3Dデータの形状も若干変えたりします。

同じデータだからといって全く同じに上がらない。

この辺を理解すると腕が格段にあがりますよ!

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。