シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「使える」のと「使いこなす」のではだいぶ違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

なんでもそうですが 「使える」のと「使いこなす」のではだいぶ違います。

下の画像は データ作成時

このデータ WAX切削のROLAND JEWELAでもOKですが 光造形ではきちんと石座として再現されません。

それは 下記の赤丸のところ(反対側も)ですが すきま空いています。

精度がある装置では 隙間があるので当然 離れて出力されます。

すると 石座にはなりません。

しかし ローランド JEWELAでは↓

切削のカッターが隙間に入らないのでOKなんです。

それにカッターで切削すると カッターの刃先の角度分 下広がりの台形になります。

3D-CADと3Dプリンターは道具なので 作り手がその特徴を知り 使わなければ 上手くはできません。

「使いこなす」のには 使い手の 知恵や工夫が必要です。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。