シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンター等の出力は適材適所の考えが必要ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【お知らせ】ーーーーーーー
ーーーーーーーーー

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

切削でWAX指輪を作りました。

切削マシンの中で切削終わった状態のまま トラ目石をのせてみました。

↓↓

その後 サポートを取り外した状態がこちら ↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WAX切削の良いところは キャスト(鋳造) が完璧。

そのわけは キャスト(鋳造) 用のWAXを使い切削するからです。

キャスタブルレジンが各3Dプリンターメイカーから発売されていますが、ジュエリー用のWAXと同じにはいきません。

ただ 僕の使っている ローランド JEWELAは 2段腰とか裏抜きとかアンダーカット系はできません。

3Dプリンター等の出力は適材適所の考えが必要ですよ。

大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。