シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいものを作るには 自分はどこまでかかわるかの見極めは大切ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

写真は キャスト(鋳造) が終わって バレルという機械で磨いたあとです。

そして注目は赤丸のところ

この出っ張りは 「湯道」と言って 地金が流れるところです。

キャスト(鋳造) が終わった後 この湯道を綺麗に取り除かなくてはなりません。

削りすぎたら形は崩れるし、残ってもだめ。

ここの作業は 僕はやりません。

職人さんの出番です。

営業畑から入ったジュエリービジネス

クラフトは勉強していないし、そもそも不器用。

なので 3D-CADdeデザインしたり 提案したり 接客したり 雑用するのが僕の仕事です。

あと3Dプリンターでの原型制作も。

いいものを作るには 自分はどこまでかかわるかの見極めは大切ですよ。

ちなみにしたの写真は キャスト(鋳造) 後でバレルを入れる前。

マットな状態です。

ここから職人さんはピカピカに仕上げます。

すごいですよね。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。