シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターで1発造形もできます。 しかしあえてパーツ分けして指輪切削

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【イチオシ企画】===========

2018年こそは「サプライズポロポーズ」を応援プラン

===========

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

ローランドJEWELAで 2パーツで指輪切削

3Dデータ自体は当然 1パーツでも作れます。

それを3Dプリンターで1発造形もできます。

しかしあえてパーツ分け。

地金になったとき 綺麗に磨けるか?

というのが前提になるからです。

金やプラチナ シルバーなどの地金にするのなら 地金になったときにどう磨くのかも重要な要素。

パーツ分けするとすべての手間が増えるのでその分工賃もあがります。

お手頃なジュエリーなら 見える所だ良くみがいてあまり見えないところはそれなりにということも考えらるます。

ただ 品質の良さでうるのなら パーツ分けした方がいい場合が多い。

この辺は  作りに強いジュエラーの腕の見せ所です。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。