シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そしてその時 3D-CADと3Dプリンターはコミュニケーションツールになるんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリーのオーダーリフォームの不安を解消できる専門家 佐藤善久です。

3D-CADと3Dプリンター

今 非常に注目度が高いですね。

ジュエリーの世界は 実はWINDOWS95が発売されるちょっと前あたりから使われ始めているんです。

3Dのものづくりでは ジュエリーは老舗の業界なんです。

使い始めたのは やはりジュエリー業界でも製造業の方々。

ジュエリーも <ものづくり>しなきゃ始まらないです。

ルビーにダイヤ サファイヤにエメラルド  石だけ眺めていてもとても魅力あるものです。

そこは字のごとく  「宝石」 たからのいしです。

そして その宝石を身に着けるためには 指輪やペンダントの枠をつけなくてはなりません。

その ものづくりを 3D-CADが活躍しているのが ジュエリー業界なんです。

ジュエリー業界でも先程の製造業  ダイヤやルビーなどを買い付けてくる輸入業  デザイン企画してジュエリーにするメーカー そして販売する小売店と分かれている中で エンドユーザーに一番近い 小売業の方はあまり使っていない。

非常にもったいないですね。

小売業と製造業は全く遠い存在に思っているのかもしれませんが、3D-CADと3Dプリンターで ものすごく近いんです。

そしてなにより コミュニケーションツールでもあるんですね。

写真 2014-09-11 23 08 04

3D-CADと3Dプリンターが コミュニケーションツールということを理解した小売店は積極的に取り組んでいます。

他店と差別化といって ジュエリーのオーダーリフォームビジネスに方向転換されたお店でも 出来合いの空枠カタログでビジネスをされているお店もあります。

その行為自体は まったくもって悪い事ではありませんが、他店との差別化にはなっていないんです。

他の店でも 同じカタログを使い リフォームビジネスをされていますので。

先日も エンドユーザーから 「2軒の宝石店にリフォーム相談したらどちらも同じカタログがでてきて がっかりした。 さらに カタログにはたくさんのデザインがあったのに <お客様のお持ちになった石に合うサイズのこのデザインからこのデザインまでです。>」といわれさらにがっかりした。」といっていた方がいました。

そういうことにならないように 他店との差別化をおもったら 「どう行動すべきか」を考えた方が良いと思います。

方法として <自分でデザイン画を考えてご提案する>です。

そしてその時 3D-CADと3Dプリンターはコミュニケーションツールになるんです。

ジュエリーのオーダーリフォームの不安を解消できる専門家 佐藤善久でした。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。