シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターも道具ですから 上手く使いこなすには創意工夫が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【お知らせ】===============

ここをクリック

===============

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

3Dデータを3Dプリンターを使い ジュエリーにするには 色々な出力方法があります。

なかでも 僕が良く使うのは WAX切削 ローランドJEWELA

jewela

すでに販売終了している機械なのですが 使い方について一言

写真 2015-02-16 23 43 03-1200

上の写真 右と左のリング 実は同じデータの指輪です。

デザインは透かしがあるリング ↓↓

サンプル

そして右と左のリングの切削の違いはサポートの付け方。

右側は ローランドLEWELAに付属しているソフトで付けたサポート

左は 独自に考えて モデリング時に着けているサポートでの切削

普通に切削すると 右になります。

但し 透かしの部分もサポートという0.5mmの板のサポートが残ります。

3Dプリンターも道具ですから 上手く使いこなすには創意工夫が必要です。

リエイティブなチャレンジは大切ですね!

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。