シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ こんな単純なデザインのデータでエラーが起きるのか?3Dプリント対策STLエラー(JCAD3の場合)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

3Dプリントをするときデータの受けわたしは大抵 STLファイルになります。

ただSTLファイルは保存すただけでは エラーを含んでいることが多い。

例えば JCAD3でごく普通の甲丸リングをモデリングし STL保存してもエラーなります。

甲丸リングとは 通称「かまぼこ」と言われる ごく普通の指輪

スクリーンショット 2015-03-28 00.29.28

NETFABに甲丸リングのSTLを通すと 右下側に 赤い三角に囲まれたびっくりマークが表示されエラーがあるということがわかります。

スクリーンショット 2015-03-28 00.27.59

エラーがあっても このNETFABを使いエラーを削除することは可能です。

なぜ こんな単純なデザインのデータでエラーが起きるのか?

これは JCAD3のリングの生成方法に原因があります。

そして下記の画像は 同じJCAD3でモデリングしてSTLを保存 それをNETFABで読み込んだもの。

これはエラーは無いんです。 ↓

スクリーンショット 2015-03-28 00.28.12

なぜだかわかりますか?

明日 この答えを書きます。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。