佐藤 善久はこんな人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1996年から3D-CADと3Dプリンターを使いジュエリーを作っています。

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

1964年生まれ 東京都出身

デジタルジュエリー協会

株式会社ビジュー・サトウ 代表取締役

★2015/11/19  独立行政法人 国立高等専門学校機構 東京工業高等専門学校 特別客員教授就任 (2016年3月まで)

★2017・5月 国立大学法人東京外国語大学の公認校章入りジュエリーをデザインし、製造販売をいたします。

(社)日本ジュエリー協会主催「ジュエリーデザインアワード」に2度入選するデザインセンスやコンピュータでデザインする技術が注目されテレビ・ 雑誌・専門書からの取材が殺到。デジタルジュエリー協会を設立しデジタルを駆使したジュエリー販売の先駆者としての地位を確立。

また、初心者や異業種からの「ジュエリーデザイナーになりたい!」人の参入を支援する「デジタルジュエリーファクトリ」を立ち上げ 多くの人の支持を得る。

さらに大手タレント事務所(株)オスカープロモーションが展開する「STA★COLLE」で唯一の指定販売代理店に指名されたり 【スワロフスキーで飾りキラキラペンダントになったUSBメモリー「デジタルジュエリーUSB」】・ネイリストと組んでネイルアートを施したシルバーペンダント 【digitaljewelry-nail】デジタルジュエリーネイルを開発・販売 さらにセミナーでの講演とユニークな活動も試みています。

「デジタルジュエリー」を通して新しいジュエリービジネスを創造し、面白ジュエリー企業を目指します。

2013年5月  元ミスワールド日本代表 ゆうようこさんをデザイナーにお迎えして 結婚指輪・婚約指輪 Genteel をスタートさせました。

google-ad

09/05/26に 新ジュエリービジネス立ち上げにつき 記者会見発表を行いました。

■「その他大勢」から一瞬で抜け出す地金買取ビジネスの極意セミナー

受講料 10万円の高額セミナーにもかかわらず 27名ご参加いただいた

伝説のセミナーです。 (08年4月27日開催)

http://www.djf.co.jp/seminar.html

■「デザインと人を繋ぎフラットな世界を実現する」デジタルジュエリー協会を立ち上げました。

http://digitaljewelry.jp/

■06年07年度(株)オスカープロモーション「STA★COLLE」
ジュエリーの唯一の指定販売代理店も勤めさせていただきました。

「STA★COLLE」のホームページ
http://www.stacolle.com/

■また、お客様の目の前で3次元CADでジュエリーをデザインして注文をとるパイオニアです。そしてそのデータを光造形装置やワックス切削機を用いて原型を造るお店dです。

YOUTUBEで光造形製作シュミレーション公開中

■デジタルジュエリーのコミュ 始めました。  09/05/31現在 104名

http://mixi.jp/view_community.pl?id=2954051

■ハイクラスのビジネスパーソン向けのSNS 「WIZLI」(ウィズリ)でコミュニケションスキルコミュニティーの事務局長をしています。

09/05/31現在 912名

http://wizli.jp/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=1130

■社団法人日本ジュエリー協会主催

ジュエリー・デザイン・アワード2006年度・2008年度において佐藤 善久のデザインジュエリーが第3部門にて入選いたしました。

下記URLのリストに名前が掲載されています。
http://www.jja.ne.jp/event/2006cont/ichiran02.htm

■会社概要および自己紹介はこちら
http://www.djf.co.jp/about.html

【佐藤 善久が運営する各メディア】

■ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤 善久のブログ
’07.9.26にスタートしました。
http://blog.goo.ne.jp/jbpzen/

■株式会社ビジュー・サトウ ホームページ
http://www.djf.co.jp (登録日1998/08/17)

■iPhone/iPadでバーチャル試着もでき、360度デザインを確認できる結婚指輪サイト
デジタルジュエリーファクトリ
http://djf.jp

メディア取材・出演暦

取材等お気軽にお声かけください。可能な限りご協力させていただきます。

2写真 12-08-27 18 09 18.jpg地域情報紙『豊島の選択』の「キラリこの人」のコーナーの取材を受けました。
o0480035911119843774.jpg 日本テレビ「iCon」にデジタルジュエリーUSBがドラマ仕立てで紹介されました。
jewelit2.jpgジュエリー季刊誌「JEWELIT」に【digitaljewelry-nail】デジタルジュエリーネイルが取材を受けました。
t01120160_0112016010669374820.jpg絵ときでわかる3次元CADの本―選び方・使い方・メリットの出し方水野 操著 日刊工業新聞発行 に 「デジタルジュエリー」が紹介されました。
o0218032010640202991.jpg「絶対受注名刺」福田剛大著に「名刺を渡しただけで50万円のコンサルを受注した人」と写真付で紹介されました。2010.7.2
st.jpg2009年8月「セカンドライフ」や「スプリューム」「ViZiMO」「ntomo」「meet-me」「ダレットワールド」「HiPiHi」「There」などの仮想世界(バーチャルワールド・メタバース・3Di)に特化したニュースを中心とする専門ポータルサイト 「THE SECOND TIMES 」に執筆した<Tokyo Jewelers Vol.57>をご紹介いただきました。LinkIcon「THE SECOND TIMES 」
ty.jpg2009年8月 Tokyo Jewelers Vol.57にて 「『デジタルジュエリー』その現状と方向性」と題して2ページに渡り 執筆しました。
spiid.jpg2008年12月 「スピードブランディング」鳥居祐一著に「上手くブランディングしている人」として佐藤 善久の名前が載りました。
atama.jpg2008年7月「頭で儲ける時代」あいであらいふ社 に「入門講座からわずか1年で人気セミナー講師に」と言うコーナーで3ページに渡り取材を受けました。
jda2008.jpg2008年8月 ジュエリーデザインアワード2008第3部門に弊社作品が入選いたしました。
siki1.jpg2007年10月「宝石の四季」に地金買取セミナーが紹介されました。
rapa1.jpg2006年10月 アメリカの専門誌 「ラパポート」に「STA★COLLE」についてTELインタビューを受けました。その記事が掲載されています。
jja.jpg2006年9月  ジュエリー・デザイン・アワード2005の第3部門に弊社作品が入選いたしました。
houseki.jpghouseki2.jpg2004年5月「宝石の四季」に【zen】シリーズが紹介されました。
jewel.jpg宝飾の雑誌JEWEL3月号に「私はうまれた。WAS BORN」の第一章にデジタルジュエリーで【zen】が紹介されました。
gw.jpgコンピュータグラフィックスワールド7月号(発行発売:IDGジャパン)の「オリジナル製品を作る、見つける」 という特集の取材を受け掲載されました。カラー4ページです。
satomi.jpgデジタルジュエリーファクトリがテレビ東京(東京12チャンネル)
の番組「黄金の話題大追跡2002」に取材を受けました。 その番組の中で、「古いゴールドジュエリーをリフォームしたい」 という内容のコーナーに【ZEN】が出演! 日時:2002年11月24日(日曜日) 16:00~17:15放映
写真はリポーターの平山さとみさんと
futaba.jpg2002年4月「カワイイが好き!」 発売:双葉社 著者名:ジュン・プラネット 98ページから101ページにかけての 「ネットでトクする」というコーナーに 紹介されました。 「カジュアルなゴールドジュエリーが充実」 という評価をいただきました
gokui.gif●2001年6月 「インターネットショップ黒字の極意」
発売:祥伝社 著者名: センゲンブック 最初の方のカラーページに紹介されています。
「デジタルオーダー」が画期的と評価されています。
hon.jpg2001年3月 「実際にオンラインで儲けている店25」
明日香出版社・伊藤学さん著 こちらに当店が紹介されました。他にも知り合いの店長がのっています。
ja.jpg1999.6月テレビじゃマ~ル(スカイパーフェクトTV)
の「なまウマじゃマ~ル」に当店が取材をうけました。 その時番組プレゼントに光造形「なまウマじゃマ~ル」リングを協賛
bs5.jpg1998.5.19日経流通新聞
bs3.jpgジュエリー大全集’97発行元(株)東京企画
bs2.jpgbs.jpg宝石の四季142号 発行元(株)ジュエリージャナル
siota1.jpgsiota2.jpgレタスクラブ ’99増刊号 ウエディングの本 発行元(株)SSコミュニケーションズ
当店でマリッジリングをお造りになった 木村 寿雄様・塩田 佐知子様

■ 「デジタルジュエリー」は株式会社ビジュー・サトウの登録商標です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。