シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「JCAD3を使って3Dプリントをするデータ作成の極意」という動画をYOUTUBEにアップしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

「JCAD3を使って3Dプリントをするデータ作成の極意」という動画をYOUTUBEにアップしました。

JCAD3を使って3DプリントするためのSTLデータ作成時のちょっとした注意点です。

JCADは、山梨県の地場産業振興の研究開発事業で山梨県工業技術センターと山梨大学の研究成果として作られたMade IN JAPANのソフトです。

もう20年前以上の開発で まだ3Dプリンターもとても珍しい時代

そして JCADは ソフト(JCAD3)と出力装置(メイコー <光造形装置>)が同じ会社で作られているとても珍しいケースだったんです。

なので STLに変換することなく オリジナル形式のデータで出力できたので STLエラーというものがそもそもなかった。

しかし 時は流れ 3Dプリンターもいろいろ。

そして低価格  なのでいろいろな3Dプリンターで出力を楽しみたいですよね。

そうなると STLデータで入稿なりになります。

避けて通れない STLデータ

今回は JCADを使ってのSTLデータを作る際のちょっとしたポイントをビデオで説明しました。

スクリーンショット 2015-09-20 11.42.53

スクリーンショット 2015-09-20 11.43.24

スクリーンショット 2015-09-20 11.43.47

今後も このような動画を増やしていきますので 要チェック!

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。