シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そのときは・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【お知らせ】===============

来年こそはプロポーズ! 元旦に婚約指輪デザイン 限定1名


===============

ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久です。
オーダーでお作りした指輪の製作ストーリーです。
まず コンピュータで3Dデザインをします。
Share photos on twitter with Twitpic
デザインというよりコンピュータ上で指輪を組み立てる作業です。
なので360度全体を確認しながら進めます。
そしてその3Dジュエリーデータを使い 3Dプリンターなどと呼ばわるWAX切削機や光造形装置を使い指輪の原型を作ります。  ↓↓
Share photos on twitter with Twitpic
デジタルジュエリーの特徴は 3Dジュエリーデザインデータから型を作ることにあります。
機械化されているので コンピュータ上で見たのとほぼ同じものができます。
ほぼ同じというのは 3Dプリンターの特性でそれぞれ若干誤差がでるからで 基本は同じと言っていいレベルの誤差です。
そしてその後は 3Dプリンターで作った型を利用して ご指定の地金(金やプラチナ・シルバー)にしていき ダイヤなどを石留めして完成します。
そして完成した指輪 ↓↓

photo:01


photo:02


photo:03



どうですか コンピュータ画面の指輪と同じですよね。
これが デジタルジュエリー です。

ジュエリーのオーダーやリフォームで デザイン画と違った感じのものが出来上がってきてしまったとう思いをされた方はいませんか?
そのとき お店の人から提案されたジュエリーのデザイン画は 上面だけしかかかれていない2D(平面)のものではなかったですか?
その2D(平面)のデザイン画を頭の中で立体を創造します。
そのとき お客様とクラフトマンが同じ立体を創造していたら お客様の思った通りのジュエリーに仕上がったことでしょう。
しかし、 頭の中の立体がお客様とクラフトマンが違うものをイメージしていたら・・・・
デジタルジュエリーはまずコンピュータでデザインされた同じ立体のジュエリーを見ます。
ですので お客様とクラフトマンのイメージの違いが起こりにくいんです。
決して安くはない ジュエリーのオーダー・リフォーム。
そのときは デジタルジュエリー で作りませんか?
ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久でした。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。