シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと厳しい事を言います。(最近感じてること)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【イチオシ企画】===========

2018年こそは「サプライズポロポーズ」を応援プラン

===========

ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久です。
日経新聞のサイトでこんな記事をみました。 ↓↓
スマホの普及で加速 コンビニ各店のIT集客作戦
そしてこんな記事も。 ↓↓

iPadを肌身離さず 北都銀行頭取に密着 ポストPC時代(1)

ジュエリービジネスだろうが ITビジネスだろうが 現在において 経営者がスマホ・SNSを研究しないのはいかがなものでしょうか?
逆に ガラケーを使い続ける意味は?

<<
 ヤフーに限らず、似たような話は多くの日本企業に当てはまるのではないか。あるメーカーの担当者は「ソーシャルメディアに対応するデジタルカメラを作っているのに、開発者や管理職がソーシャルメディアを利用していない」と嘆く。スマートフォンやソーシャルメディアの「効果」を利用していない人に説明するのは大変な時間と労力がかかるはずだ。そうしているうち、すぐに別のサービスが流行り、ビジネスチャンスを失う。
 経営陣自らがスマートフォンやソーシャルメディアを使い、ソーシャルの海に飛び込んでいるのがヤフーの決断といえる。ソーシャルの波を乗りこなすのは、トップマネジメントの問題なのである。

>>

下記コラムからの抜粋です。
ヤフー経営陣「総入れ替え」でソーシャル強化なるか
また20代の若い方が
「わたしは アナログ人間なので・・・」
という方がいますが それを40歳以上の人に言っても(笑)
だって元々は アナログ人間ですから。
WINDOWS95が出てきた年 平成7年 ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久は31歳
それまで パソコンなんて触ったことがない。
携帯はかろうじて 27歳くらいに持ちましたが それまでの人生は その時代のみんなが アナログ人生。
人との待ち合わせは 事前にきっちり約束しないと 出会えない。
だから遅刻なんてのも できない。
学生時代 彼女とデートを誘うにしても 相手の家電にかける。
その時は 彼女のお父さんが電話にでたりして その関門をくぐらないといけない場合もある(爆)
「わたくし同じ大学の佐藤善久と申します。 ○○さん いらっしゃいますか?」
「今 いません」 と言われ 「ガチャ」と電話切られる。
次の日 大学で 彼女に聞くと 「家にいたよ」(笑)
コントに出てきそうな話しですが 大体 40歳以上の人は 経験してるんでないでしょうか。
厳しい(笑)時代を 40歳以上はすごしています。
そんな私でも 携帯電話でのサイトなどは全くわからなく無視きました。
だっていずれ 「すべてはPCのWEBサイトにスマホのような端末でアクセスするようになる。携帯専用のサイトはいづれなくなる」と思っていましたから、パスしていました。
それでも <「スマホはなくなる」「SNSはなくなる」から使う必要がない>と思っているなら 別ですがね。
日曜日と祝日のハザマの月曜日に書いてみました。
ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久でした。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。