シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーダーリフォーム全盛時代のジュエリーCADの使い方とは(その2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

今日は昨日の続きでその2

日本で流通しているジュエリー その7割とか8割はすでに3D-CAD(ジュエリーCAD)でデザインし3Dプリンターで出力したもので原型を作った物と言われています。

そう ジュエリー業界では3D-CADでのものづくりは もう普通の領域に入ってきています。

だから ジュエリーCADが出来れば仕事が増えるという考えは危険です。

たぶん 増えないでしょう。

昨年も ジュエリー業界の知人から 「若いけど ものすごく腕のいい原型職人が 仕事が減ってやっていけないから引退するんですよ。 もったいない」と言っていました。

また、「典型的な職人さんなので 与えられた仕事は完璧にこなすけど 自分で営業してまで仕事取れるタイプではないので 引退するんです。」とも。

腕が良かろうが 3D-CADが出来ようが ただ待っていたても仕事はきません。

だから昨日の ホームページ(ブログ)で自分メディアを持つのが重要なんです。

そしてここからがその2

最近 職人さんが  <小売店の方から 「リフォームをお客様に提案するのに コンピュータのデザイン画が欲しい」と言われるんだよ。>との声も多く聞きます。

そのなんです。 ジュエリーリフォームには 完成予想図や360度廻せる バーチャルジュエリーが必要なんです。

手書きのラフのようなデザイン画では 通用しない時代に。

リフォームの仕事を撮るには 立体的なデザイン画 バーチャルジュエリーが有効なんです。

3D-CADでのジュエリー製作 モノづくりは 作ることは当然重要ですが、 オーダーリフォーム時代は 「受注する」ことがさらに重要で 受注しなければ始まりません。

でから デジタルジュエリー®協会は バーチャルジュエリー や バーチャル試着を通し お客様が不安無くジュエリーのオーダーリフォームを依頼してくだされるようにしてるんです。

不安解消ツールとして使っています。

デジタルジュエリー®スクールはこれを プレゼンテーションステージとして学べるようにしています。

デジタルジュエリー®は 3D-CADでのジュエリー製作はすでに当然と考え そのスキルを活かすのに 受注に使える ツールを常に開発しています。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。