シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とっても素早くできるデザインもあれば 逆にじっくり考えながら作るデザインもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ーーーーーーーーーーーーーーー

学びは足りてますか?それぞれの画像をクリック!



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

とっても素早くできるデザインもあれば 逆にじっくり考えながら作るデザインもあります。

今回のデザインは 後者の じっくりタイプ

まずは 石の採寸して 3D-CAD JCAD3上に データ載せていきます。

このサイズのものを使い ジュエリーデザイン。

よく 手書きのデザイン画で実物よりも10倍くらい大きな絵で細かくかいているものがあります。

「これって 実際のサイズだと ダイヤのサイズ0.5mmなんだけど」なんてのもあります。

また 3Dプリントすることによって 大きさの確認ができますので サイズのイメージ違いを事前確認することによって防げます。

ぜひ あなたも大切なジュエリー・思い出のジュエリーは デジタルジュエリー®にお任せくださいね。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。