シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターで綺麗に出力するのもちょっとしたコツが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ーーーーーーーーーーーーーーー

学びは足りてますか?それぞれの画像をクリック!




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

3Dプリンターで綺麗に出力するのもちょっとしたコツが必要です。

今 スライスデータを作成していますが、 自分で3D-CAD上でサポート自体も付けたデータと スライスソフト上で自動サポート機能+マニュアルでサポート追加したもの混合

どちらが正解とかはないです。

ようは綺麗に3Dプリントができれば正解。

サポート立てすぎても 後処理が大変だったりするし 少ないと 途中で落ちてしまったり失敗する原因になったりします。

こちらは やはり沢山造形して 「いかにきれいに造形するか?」ということを頭の隅に入れておくことが大切です。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。