シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当 そう思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【イチオシ企画】===========

2018年こそは「サプライズポロポーズ」を応援プラン


★ ホワイトデーのお返しに「俺のハート」
===========

ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久です。
MSNのニュースで こんな記事が 
ジョブズもいっていた、日本メーカーがAppleに負けっぱなしの理由
<<試しに「どんな携帯電話が欲しいか」聞いてみたらいい。
絵文字が打てる、メールが片手で打てる、ワンセグは絶対欲しい、 防水がいい、おサイフ機能は必須、いろんな機能が付いていると楽しい…ETC…結果が世界に通用しないガラケー戦隊…。
そう答えた消費者が、ワンセグもなくお財布もなく入力もしにくい「iPhone」に殺到しているのである。これはなぜか。つまり、素人の客に聞いて、彼らがどんなものが欲しいのか忠実に作っていく方法は、まったく無意味ということなのだ。素人が考えつかないようなものでないと売れない>>
まさにそう思います。
ジュエリーの商品開発もしかり
以前 取引先小売店の社長が
「このようなデザインいいと思うし うちのお客様が欲しがると思うよ」
とアドバイスいただいたので 忠実にそのデザインのジュエリーを作成。
出来上がって 当然 仕入れをしてくれるものと思いその社長のもとへ
「社長 前日 いいねと言っていたジュエリーデザイン 作ってきました。」
「あっ そう いいデザインだね・・・・・・・・・」
結局 仕入れしない。
ただ「売れるかも」といってみたかっただけなのかも。
考えたら きちんと自社のお客様の好みを把握していたら 売りたい値段とかの仕様をきちんと説明して オーダーかけてきますからね。
きちんと「オーダーですね」と確認しなった自分も自分ですが(笑)
でも 出来上がったジュエリーを他のお店に持っていったら 「これうちの店で売れるよ」といって仕入れてくれたお店で 10本くらいのヒットになりました。
さらに 最初のお店は つぶれました。
(テキトーなところは メーカー 職人さん お客様から応援されませんね。)
素人の消費者にリサーチして、彼らが欲しい(と思われる)ものを作っても、彼らは全く別のものを買う。
ニーズを聞き取る力も重要ですが 自分が何者か?何がしたいのか?と言うほうがもっと大切ですね。
ジュエリービジネスの貴公子 佐藤善久でした。

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。