シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来年に向けての準備 デジタルジュエリー®スクール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【お知らせ】===============

ここをクリック

===============

ジュエリービジネスプロデューサー 佐藤善久です。

デジタルジュエリー®スクールの来年に向けての準備

新たなテキストと過去に作り準備していた動画をまとめています。

もう20年近く ジュエリーCADを色々な方に教えてきてきました。

それこそ 職人さんから営業マン デザイナー ジュエリー業界の色々な方。

その中で上手く使いこなしている人もいれば 活用できずに辞めてしまった人もいる。

上手くいっている人の理由は様々です。

しかし 上手くいかない人は どちらかと言うとある法則がある事に気づきました。

単純です。

「まずは習った通りにやってみましょう。」

って事です。

あと一つは 色々な経験に基づいて その方のジュエリービジネススタイルに合わせたアドバイスをしています。

「まずはアドバイスに耳を傾けたらどうですか」

「こんなデザインが3D-CADで作りたいんです。」と言って そのデザインの方法を習っても その後の上達は見込めません。

当スクールは JCAD3の本質ををお教えしています。

最近 大人の音楽教室で 「この曲だけ弾きたい」のリクエストに応えて教えてくれますね。

例えば ビートルズのLET IT BE が弾きたいとかでそれを教えてもらう。

趣味ならそれが正解です。

50過ぎてバイエルから始めてというのはなんとなく遠い  

しかもピアニストになるわけでなく LET IT BEだけをかっこよく弾きたい。

だから正解。

でもピアニストになりたいのに LET IT BEだけ習って上手く弾けてもピアニストには遠い。

ジュエリーCADも同じです。

本質をしっかり学ぶことで いろいろ作りたいデザインがきちんと 3D-CADでかけるようになるんです。

先日の デジタルジュエリー®スクール メニュー改定にはこんな思いがあるんです。

でも デジタルジュエリー®スクールは本格的に学びたいプロだけが対象ではありません。

そのメニューがデジタルジュエリー®デザイナー講座になります。

まず 自分で製造とかまで行かなくても ジュエリーデザイナーとしてオリジナルのデザインを発表したい、 自分でデザインしたジュエリーをプレゼントしたいから習いたい。

そんな方は デジタルジュエリー®デザイナー講座でお待ちしています!

デジタルジュエリー®主宰スクールメニュー

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。