シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3D-CADと3Dプリンターを使いジュエリービジネスをしていくための講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ーーーーーーーーーーーーーーー

学びは足りてますか?それぞれの画像をクリック!


3月までに3社の講座が終了します。
そこで 平日コース2社(地方出張可) 土日土日のコース1社 募集再会します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジュエリービジネスプロデューサー佐藤善久です。

18日から始まるデジタルジュエリー®プロ講座に向けて 3Dプリンターとポストキュア(2次硬化装置)を昨日 発送しました。

最初の頃は 3Dプリンター出力はカリキュラムにはありませんが、 最初の授業という事で 最終的に得なければいけないスキルを最初に感じていただく為 初回に使うことにしました。

デジタルジュエリー®プロ講座は 3D-CADの使い方を覚える授業ではないです。

3D-CADと3Dプリンターを使い ジュエリービジネスをしていくための講座です。

なので 小売店には小売店としての必要ノウハウ

メーカー・卸業としての必要なノウハウ

職人・クラフトマン

としてそれぞれに必要なノウハウを お客様のジュエリービジネスに合わせてご提供しています。

それが出来るのも すべてのジュエリービジネスの流通に携わって来たからです。

前にも

「ライノでジュエリー製作を会社でやっているが いまいち上手くいっていない。 JCADを習いたいが ライノをやっていて3D-CADというものはわかっているから最低限のJCADの使い方を安く教えてくれないか。」というお店からの問い合わせがありました。

なんやかんやでその会社はもう2年以上経っても習いに来ていません。

正直言って 3D-CADソフトを乗り換えても上手くいかないと思います。

だって JCADでもライノでも3designでも上手く使いこなしてジュエリー作ってるところは作っている。

確かに ソフトによって向き不向きのデザインは存在します。

たぶん 上手くいかない理由は3D-CADの操作方法でなく 3D-CADと3Dプリンターを使ったジュエリー製作のノウハウ不足の方です。

ジュエリー向き3D-CAD比較 CADの操作を習うのか ジュエリー製作のツールとして習うのか?

スポンサーリンク
大塚・巣鴨・池袋方面のジュエリーオーダーリフォームのご用命はデジタルジュエリー®!
【PR】==================================
あなたが作った3Dデータをジュエリーに!
make.digitaljewelry  クリック ↓↓


==================================【PR】


【無料バーチャル試着】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- アプリ iPhone/iPad無料バーチャル試着アプリ 「Digital Jewelry」で試着が可能です。 ダウンロード  →  http://itunes.apple.com/jp/app/digital-jewelry/id520036756?m
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------【無料バーチャル試着】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。